【レビュー】アンパンマンのびのびワーク2さいの内容やレベル感をまとめてみた

先日、アンパンマンが大好きな2歳半の娘のために『アンパンマンのびのびワーク3さい(1)』を購入したのですが、やはり内容的にまだ早かったので、2歳用を改めて購入しました!

「アンパンマンのびのびワーク2さい」

このアンパンマンのびのびシリーズは、0歳用・1歳用・2歳用・3歳用と、対象年齢が1歳刻みで本が分かれています。

個人差はあれど、こどもの成長に沿った内容のワークをすることができますね。
2歳用は、2018年9月発行とかなり最近出版されています。

いま2歳半の娘と一緒にみていますが、内容やレベル感などをお伝えできればと思います。

アンパンマンのびのびワークについて

文部科学省は、子どもの育成の根幹としての「3つの柱」の育ちをうたっています。

「3つの柱」とは、以下を指します。

★知識・技能
★思考力・判断力・表現力等
★学びに向かう力・人間性等

これらは初等中等教育(幼・小・中・高)を通じて伸ばし、生涯にわたって重要となる資質・能力とされおり、このワークブックはこれら3つの資質・能力を伸ばすためのワークブックとなっています。

アンパンマンのびのびワーク2さいの中身・構成

48ページの大型本です。シールは21枚です。

中身は主に以下をテーマとしたワークになっています。

・あいさつ
・シールはり
・からだをうごかす
・たべものやいろのなまえ
・てあらい
・はみがき
・1対1対応
・おおきさくらべ
・せんをなぞる
・なかまはずれ
・なかまさがし
・かずをかぞえる 等

こんな感じです。

たべもののなまえ
はみがき
おおきさくらべ
せんをなぞる

アンパンマンのびのびワーク2さいのレベル感

対象年齢は2歳からとなっています。
2歳半の娘と取り組んでみたところ、以下のように感じました。

・一番楽しんでいたのはシール貼り
・「せんをなぞる」「かずをかぞえる」のは難しい
・全体の8〜9割は理解して取り組めた

上記を詳しく説明します。

一番楽しんでいたのはシール貼り

いくつかワーク本を持っていますが、やはり一番やりたがるのは「シール貼り」ですね。このワーク本でも、たべものを貼るページ、傘を貼るページ、キャラクターを貼るページがあります。

どこにどんなふうに貼ろうか、「う〜ん。。」と悩みながら楽しそうに貼っていました。

シールを剥がしたり貼ったりすることで指先の訓練にもなりますね。

でもシールって貼っちゃうと終わりなのが残念です・・何度も貼ってはがせると理想的ですが、紙の本なので仕方ないですね。また、この本についているシールは21枚ですが、もうちょっと枚数があるといいなと感じました。

「せんをなぞる」「かずをかぞえる」のは難しい

せんを指先でなぞるのは、なかなか難しいと感じました。

「スタート地点からゴール地点までいくこと」は理解しているようですが、線を辿っていくことが難しいようで、自分で自由になぞってしまいます。

この本のシリーズは3歳用になると線が複雑になったり迷路になったりしてレベルアップするのですが、2歳用は直線や簡単な曲線です。何度か説明してやっていくうちに、娘もせんをなぞれるようになってきました。

また、数の概念を理解するのも2歳児にとってはまだ難しいと感じます。

娘は1から10までは1人で言えるのですが、数そのものの概念はまだわかっていないようで、例えばりんごが5つ描いてあって、いくつりんごがあるかは1人では数えられません。

これから一緒に、少しずつ楽しみながらかずをかぞえられるようになっていきたいです。

幼児教室を開いている母親からすると、『3歳で5つまで数えられれば十分』だそうなので、気長にいきたいと思います。

全体の8〜9割は理解して取り組めた

やはり対象年齢の年齢にあるだけあって、2歳半の娘は8〜9割を理解して取り組めました。

せんをなぞったり、かずをかぞえるページはもう少し!という感じです。

その子にとって簡単すぎても難しすぎてもよくないので、2歳半の娘にはこの2歳用はちょうどよかったと思います。

アンパンマンはじめての育脳ドリルと比較して

以前娘がちょうど2歳くらいの時に、「アンパンマンはじめての育脳ドリル」を買って遊んでいました。

この本は対象年齢が1・2・3歳と幅広い設定になっており、監修者・出版元はアンパンマンのびのびワークとは異なります。

両方遊んでみての私の感想です。

アンパンマンはじめての育脳ドリル→実際に手指や身体を動かすものも多く、ワークの種類が豊富な印象。シール多め。


アンパンマンのびのびワーク2さい→遊びながらもより”ワーク”的要素が強い印象。シール少なめ。

好みの問題ですが、私はアンパンマンはじめての育脳ドリルのほうが好きです。

まとめ

内容的には”ふつうのワーク本”といった印象を持ちましたが、アンパンマンが大好きな娘にとってはアンパンマンが題材になっていればなんでもOKのようです(笑)

アンパンマンの絵本も持っていますが、こういったワーク本もあると楽しみながら一緒に学べるので、買って良かったと思います。

3歳用のレビューも書いたのでよろしければどうぞです▶︎【レビュー】アンパンマンのびのびワーク3さい(1)の内容やレベル感をまとめてみた

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)