三が日に川崎大師へ子連れ初詣!1月3日の混雑状況は?

2019年が始まりましたね。

平成も残すところあとわずかとなりました!

さて、我が家の2歳娘は屋台(出店)が大好き。

娘は地域のお祭りに数えるくらいしか行ってないのですが、

何かとことあるごとに

「娘ちゃん、おまつりだぁーいすき!」

「おまつり、たのしかったねぇ。またいこぉねぇ。」

と言ってきます。

なんの脈絡もなく、唐突に(笑)

娘が好きなのは『お祭り』というより『屋台』なんですよね。

たしかに、夕暮れになり屋台がズラーっと並んで灯がともる中、飲み食いしたり遊んだりって大人の私でも今でもワクワクしちゃいます。

そんな娘のために、

よし!出店がたくさんあるところに初詣に行こう!ということに。

明治神宮・寒川神社も候補に上がりましたが、

結局、1月3日に川崎大師へ行ってきました。

以下、そのときのレポです。

川崎大師は初詣数全国TOP3!

神奈川県川崎市にある川崎大師は、実は初詣の参拝者数が全国で3位

毎年約300万人が初詣に訪れる人気初詣スポットなんです。

川崎大師は何度か行ったことがあり、仲見世は見たことありましたが、初詣シーズンに行くのは初めて。噂では出店がたくさんあって賑やかとのことで私もワクワク。

車でアクセスするなら

専用の駐車場がありますが、特に三が日は周辺道路の混雑も重なるので、公共交通機関の利用がおすすめです。

川崎大師駅から徒歩8分です。

とはいえ、こども連れだと車の方が便利だったりしますよね。

我が家は車で向かい、近隣のコインパーキングに駐車しました!

大師まで徒歩12〜13分くらいの距離だったと思います。

大師へ近づけば近づくほど混むので、一歩手前で空いている駐車場を探すのがいいかなと思います。

1月3日の混雑状況は?

川崎大師に着いたのは、1月3日の15時頃。

すでに、入り口から200メートル以上の長蛇の列ができていました

ある程度は覚悟していましたが、こんなに混んでるのね。。

2歳娘は歩かせていましたが、列で待ってる間は人混みに埋もれてちょっと危ないので基本的に抱っこしていました。0歳息子は抱っこ紐。

ベビーカーで列を待っている方も何組か見かけたので、ベビーカーで来ても大丈夫そうでした。境内の入り口に「ベビーカー置き場」が用意されています。かなり混雑しているので、境内の中をベビーカーで回るのは無理だと思います。

ここに着くまでに1時間くらい。

結局、本堂のところにたどり着くまでに1時間半近くかかりました。

待ってる間に日も暮れちゃいました。。

待ちに待った出店!出店数が多く賑やか

本堂へのお参りも終わり、とうとう娘の大好きな出店へGO!

数十店舗の屋台が立ち並んでいてとっても賑やか!

「たこやきたべたいー!」という娘のためにお金を握りしめて買いに行くが、「揚げもち」の屋台を見つけて美味しそうでつい並んでしまい、揚げもちを持って戻ってきた私。

そんな私を白けた目で見ていた私の母と夫。。ごめん、娘もち食べれないよね、わかってる。つい思わず胸ときめいちゃって。。。

気を取り直して、たこやき♪

念願のたこやきを食べれて、娘もとっても満足そう。

ところどころにテーブルと椅子があるので、小さい子連れだったら先に場所確保しておくのがおすすめですね!

たこやきと揚げもちの他には、

・ふりふりフライドポテト

・鮎の塩焼き

・ベビーカステラ

を食べました。

まだまだ食べたかったけど、娘が飽きだしたのと、とにかく寒い!!

ということで、最後にアンパンマンのお面を買って帰宅です。

帰りは仲見世を通ってきました。こちらも賑やか。

1月3日の狙い目時間帯は?

やはり三が日は激混みでした。

1月3日においていえば、私たちが行った15時頃はかなり混んでいる時間帯、どピークのようでした。

ちょうど箱根駅伝が終わって準備して出たので、みんなと行動が被っちゃいましたね。

帰る頃の18時くらいには入り口の列はほとんど並んでいなかったので、

1月3日についていえば、18時以降が狙い目かなと思います。

娘の嬉しそうな姿が見れて、私もとっても楽しかったです。

また来年も行きたいですが、次行くときは朝早くか夕方にしようと思います!

三が日はどうしても混雑は避けられないですが、時間帯を選んで少しでも待たずに楽しみたいですね★

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)