【体験談】1人目無痛分娩(硬膜外麻酔分娩)での出産レポ

 

私は、第1子を無痛分娩で出産しました。

理由はひとつ、痛いのが怖かったからです。

 

出産の痛みはよく鼻からスイカを出す感じ、とか言われていますね。きっと想像を絶する痛みなんだろうと、とにかく痛みへの恐怖がありました。そのため、妊娠前から「産むなら無痛にしよう」と決めていました。

 

 

そして結論からいうと、私は無痛にして本当によかったです。

 

費用は追加で10万円(病院によって異なります)かかりましたが、10万円分の価値は十分ありました。痛みはないのに、産まれてくる感覚はしっかりと感じられましたし、何よりお産に集中できました。痛みがない分、わが子が産まれてくる瞬間もはっきり覚えています(あまりの痛みで産まれた時の記憶がないという話もよく聞くので)。

「あ、これなら2人目もほしいな」と産んですぐに思えました。

産後の回復も早く、里帰りなし&旦那の帰りが遅い中、退院後すぐ一人で子育ての私にはよかったです。

 

 

ここでは、実際どのようなお産になったのか、私の体験談を書かせていただこうと思います。

 

そもそも無痛分娩とは?

ここでいう「無痛分娩」とは、「硬膜外麻酔分娩」のことを指しています。この分娩方法は、背中から背骨の脊髄に近いところにカテーテルのチューブを入れて、麻酔薬を直接注入する方法です。全身に麻酔をかけるわけではないので、分娩中も意識がちゃんとあります。

私が通った産院では、入院日の夜または計画日の朝に硬膜外麻酔カテーテルを背中に挿入し、翌日から陣痛促進剤の点滴を開始します。痛みが出たら麻酔薬を使用するという流れです。

(麻酔を使用するタイミングや、自然陣痛を待ってからカテーテルを挿入する等、病院によって異なります)

 

まずは無痛分娩ができる産院を選ぶ

妊娠が分かった後、初めにすることの一つとしてどこの病院に行こう?ということがあります。総合病院、産院、自宅で出産する、という方もいらっしゃると思います。

私は妊娠前から既に無痛で産むことを決めていたので、無痛分娩ができる病院を選びました。病院は妊婦健診の途中で変えることもできるので、妊娠後すぐに決めなくても大丈夫です。

 

無痛分娩に関する知識をつける

これはとても大事だと思います。無痛分娩で出産された方は私の周りにも多く、一般的になってきたとはいえ日本ではまだまだ少数派です。海外だと無痛分娩が主流なんですけどね(特に欧米では、ほとんど無痛分娩のようです)。私の通った産院では、無痛分娩を希望する人は講習の参加が必須でした。立ち会いを希望していた旦那も、平日に休みを取って一緒に参加しました。予めメリットとデメリットをよく理解した上で選択してほしいと思います。

 

メリットとしては、上述しましたがまずは痛みがないこと(人によって痛みの感じ方はさまざまなので、全く痛くないとは言い切れません)。そのほか疲労感が少ないので回復が早い、リラックスしてお産に臨めるので赤ちゃんの酸欠を防げる、難産の場合のリスクを軽減できる、などが挙げられます。

 

デメリットとしては、麻酔が効いていてママのいきむ力が弱くなりやすいので、赤ちゃんを引っ張り出すための処置(吸引分娩・鉗子分娩)を行う可能性があること、などが挙げられています。不必要にリスクを恐れることはないと思いますが(自然分娩でも無痛分娩でも出産にリスクはつきものなので)、まれに母体に副作用が出ることもあるようです。そういったことを事例も含めて講習をしてくれたので、私は納得した上で無痛を選択することができました。

 

ちなみに、無痛分娩が日本であまり浸透してしない理由の一つとして、お産の痛みを経験しないと母性が湧きにくいといった古くからの考え方も影響しているそうですが、私はまったく関係ないと思います。当たり前ですが、どんな産み方をしても我が子はかわいいです。

 

無痛分娩の計画を立てる

病院や担当の先生にもよりますが、予定日が近づいてくると、子宮口やおなかの様子をみて先生と産む日を決めます。

自然の陣痛を待つこともできましたが、私の産院は無痛に関して24時間体制ではなく、土日や夜間に陣痛が来ると無痛を希望していても施術ができなくなってしまうことから、先生と相談して出産予定日を決めました。

 

私の場合は経過が順調で予定日よりも早く産まれそうだったので、37週6日目を出産日としてその前日から入院しました。37週を超えるといわゆる正産期、発育の差異はほとんどないそうです。

 

入院から出産までの流れ

入院当日。

麻酔の準備は明日と聞いていたので、今日は気楽だな~と思っていたら助産師さんから「じゃあ着替えが終わったら、今日背中にカテーテルいれますね」と言われて一気に心臓がバクバク。

 

麻酔科の先生が背中に局所麻酔をして、その後背中に注射でカテーテルを挿入します。

この局所麻酔が痛い、と聞いていましたが、私は特にそう感じませんでした。

カテーテルが入ると、麻酔を少しだけ、ちゃんと効くか反応をみるために注入します。冷たいものが背中にゾクっと流れる感じでした。ビクッとしたけど痛くはなく、あとは点滴して一回お部屋に戻ります。

 

その日の夜。子宮口を広げるために膣にバルーンを挿入します。しいて言えばこれが少し痛かったです。

 

翌日朝9時。LDR室に入って横になり、陣痛促進剤を流していきます。これがなかなか私に効かず、いつまでたっても陣痛が来ません。陣痛が感じられるまで、旦那が持ってきた「バンビ」と「アラジン」のDVDを二人でぼーっと見ながら談笑したり、うとうとしたり・・

 

陣痛が痛くなり始めたら麻酔を入れる予定でしたが、私は結局夕方になっても陣痛が微弱だったので、もう麻酔を入れ始めることになりました。だいたいの人は2~3時間で陣痛の痛みがやってくるそうです。

先生がやってきて子宮膜を破ると、ほどなくして子宮口が10センチ開き、あれよあれよという間に「もう頭見えてるよ~」と助産師さん。陣痛の波を感じながら(7,8回くらいかな?)いきみ、無事出産しました。

 

陣痛促進剤を使用し始めてから計算すると、お産にかかった時間は約9時間でしたが、子宮膜を破ってからは2時間と本当にあっという間でした。

 

助産師さんの声、赤ちゃんの産声、旦那の嬉しそうな顔、出産の瞬間はすべて記憶に残っています。これは、無痛だったからこそいろいろな幸せを冷静に感じられる余裕があったのかな、と思っています。

 

 

 

無痛分娩に関しては、様々な意見があると思います。「身体を痛めて産むからこそ、愛情が生まれる」、「昔からみんなそうやって産んできたのに、自然に逆らうなんて」など、否定的な意見もあると思います。

私は幸い、「好きなようにしたらいいよ、産むのは君なんだから」と理解ある旦那がいて、両親・義両親も口出ししてくるタイプではないので恵まれていました。

 

産むのは自分なので、自分で決めたらいいと思います。

 

私の体験談がこれから無痛分娩を考えている方の参考になればうれしいです。

ちなみに2人目は自然分娩でした。迷っている方はよろしければそちらのレポートもご参考ください。

▶︎一人目は無痛、二人目は自然分娩で出産しましたレポ

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)