下北沢の天狗まつりレポート!豆まきと混雑状況は?

1月下旬ごろ。
よく行く下北沢の駅周辺でこんなチラシを見かけました。

どんなものか気になっていたので、今回初めて天狗まつりに行ってきました!
そのときのレポートです。

天狗まつりとは?

下北沢一番街商店街振興組合が主催する、下北沢の伝統行事



大天狗・鳥天狗を中心とし、山伏・福男・福女が下北沢の商店街を福豆をまきながら練り歩くイベントです。

豆まきでは「福は内」を3回唱えるスタイル。福が充満すればおのずと鬼は退散するという宗派の考え方があるため、「鬼は外」とはいわないんだそうです。


ちなみに、2019年の第87回公式サイトはこちら

なぜ天狗?

このお祭りでの天狗は、家内安全・商売繁盛・厄除開運・合格祈願等願い事はすべて聞き入れてくれるという素晴らしい神様=天狗様らしいです!!

1日目:烏天狗道中前夜露払いの儀

前夜祭です。夜20時より、各飲食店に烏天狗・山伏などが現れます。お祭りのことを知らずにいつも通り飲んでいていきなり天狗が来たらびっくりですね(笑)

2日目:天下一天狗道中

天狗まつりのメインイベント
大天狗・鳥天狗が山伏・福男・福女を引き連れ福豆をまきながら商店街を練り歩きます。大名行列みたいですね。

3日目:天狗福豆・目方でドン!

商店街でお買い物をしスタンプを3つ集めると、この日行われる福豆ゲームに参加できます。ゲームのピタリ賞は世田谷区内共通商品券1万円分!

天狗まつりに行ってきた!

いわゆる天狗まつりとは、2日目のメインの天下一天狗道中のことを指すようで、私たちはこの2日目のイベントに行ってきました!



まずは天狗の歩くルートを事前にチェック!



2時間半かけて、下北沢の商店街を中心に練り歩くようです。ずっと天狗の行列の後ろにくっついて歩く方もいるそうですが(笑)、私は2歳と0歳の子連れで行くので豆まきポイントを目指して行くことにしました。

豆まきは、スタート地点とゴール地点を含め計4回行われます。


私たちは、PM1:50の豆まきポイントを目指し、下北沢駅西口から歩いて向かいました。矢印のように行けば駅から徒歩5、6分です。

商店街の道が車両通行止めになっている関係で、私が通ったこの矢印の道はいつもより車の通りが多いです。車に気をつけてくださいね。

PM1:50ちょうどに豆まきポイント地点に着きました。

パトカーも警備のため止まっていました。

「天狗くるかな〜」と思って見ていましたが、想像以上に人が多くて天狗が見えない!!(笑)

なんとか天狗様を遠目でキャッチ。。。

天狗をちゃんと見たいなら、もうちょっと前からスタンバイしておかなきゃでした。

外国人の方や、意外と大人が多い印象です。小さい子どもは埋もれるしよく見えないくらい混んでました。

天狗は遠かったですが、豆まきしてくださる山伏・福男・福女の方は複数いるので、何とか豆はゲットしたい!と意気込み。


3つゲットしました♪

2歳の娘は天狗はよく見えなかったようですが、豆をもらえて嬉しそうでした。

行くなら事前にルートをチェック

天狗まつりに行くなら、事前に公式サイトからルートマップを入手しておきましょう

豆まきポイントはやはり一番混雑するといっていいでしょう。

私は豆まきの時間ちょうどに着いて豆はゲットできましたが、天狗は遠くてよく見えず。天狗もしっかり見たければ早めに着いて天狗の位置を確認しておくのがベストです。


今、天狗がどこを練り歩いているかは、公式のFacebookやTwitterでも発信されているので併せてチェックすると便利です。

ちびっこ天狗道中とは?

ちなみに同日に、『ちびっこ天狗道中』というイベントがあります。

3〜10歳のこどもが参加できるイベントで、参加すると天狗のお面をもらえるんだとか!このちびっこ天狗道中も天下一天狗道中の関連イベントかと思ったら、主催している組合は別でした。

天下一天狗道中は一番街商店街、ちびっこ天狗道中はしもきた商店街がそれぞれ主催しています。

まとめ

今回初めて天狗まつりに行ってきました。地域のお祭りなので、わざわざ他の地域からこの天狗まつりの為だけに来る方はそんなにいないかもしれないですが、もしこのあたりに他の用事があってきているのであればついでに寄ってみたら楽しいと思います。私もたまたまこの日下北沢に来る用事があったので。

まぁでも小さなこどもが楽しめるかでいうと、豆まきポイントで豆をもらうことくらいかなぁ。。私は参加してないですが、3日目のスタンプラリーとゲームは楽しめるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)