乳児湿疹は小児科?皮膚科?保湿剤はどうすればいい?

赤ちゃんの肌は、大人と比べると皮膚のバリア機能が弱く、少しの刺激でも皮膚トラブルを起こしやすくなっています。

我が子は、生後2か月ごろから乳児湿疹が首やおしりに出てきて悩まされました。母親である私がアトピー性皮膚炎の体質なので、もしや遺伝した?と思ったこともありました。今回は、そんな皮膚トラブルについて、私の体験談を交えてまとめてみました。

乳児湿疹とは

乳児湿疹とは、乳児脂漏性湿疹やあせも、おむつかぶれ、新生児ニキビ、アトピー性皮膚炎など、新生児期から乳児期に現れる様々な湿疹の総称です。症状はだいたい生後2週間頃から現れ、基本的にホームケア(清潔にする・保湿をする)をすれば数ヶ月でよくなるといわれています。それぞれの湿疹の原因やケアの方法は異なりますので、症状を見てもし判断できなければ、お医者さんに診てもらうといいと思います。

小児科と皮膚科、どちらに行けばいい?

赤ちゃんの皮膚トラブルで困ったとき、小児科と皮膚科のどちらに行けばいいでしょうか?迷われる方もいると思います。どちらでも診てもらえますが、結論からいうと小児科に行ったほうがいいです。皮膚科はあくまで皮膚の病気の専門で、赤ちゃんの病気には詳しくありません。症状が、皮膚だけの病気なのか、それとも何かほかの病気の副作用で出ているのか、などは小児科でないとわかりません。

うちの子は、皮膚トラブルで小児科と皮膚科、どちらにもかかったことがあります。生後2か月ごろにおむつかぶれができてしまい、小児科で亜鉛華軟膏を処方してもらいました。生後3か月ごろに首に赤いぼつぼつができ、そのときは皮膚科でステロイド入り軟膏を処方してもらいました。どちらのケースも、処方された薬を塗布していたら数日でよくなりました。

今後また皮膚トラブルでかかるときはどちらの病院に行くのが最もいいのだろう、と思っていたので、保健センターでやっている3,4か月健診の際に(いつものかかりつけ医ではない)先生に聞いてみました。そのときに、上記の理由で小児科に行ったほうがいいといわれました。

皮膚トラブルを予防するには

赤ちゃんには様々な肌トラブルが起こりやすいですが、日頃ご両親が気を付けてあげることでトラブルを防ぐことができます。それは、赤ちゃんの身体を清潔にすることと、保湿をしてあげることです。

沐浴では、赤ちゃん用の石鹸やボディーソープでしっかりと身体を洗ってあげましょう。ガーゼか手をつかってやさしく洗ってあげます。また、汗をかいたらこまめに着替えをする、口の周りがミルクやよだれでべたべたになっているときはやさしくガーゼなどで拭いてあげることも大切です。

うちの子がおむつかぶれになってしまったときは、うんちをしたときはおしりふきを使用しませんでした。おしりふきって、意外と肌が傷つくんです。うんちをしたとき一番いいのはお湯で流してあげること、それが難しければ湿ったコットンでふき取ってあげるのがいいようです。新生児期は1日に何度も軟便をするので、特におむつかぶれを起こしやすいです。うちは当時うんちのときにおしりふきを使わなくなっただけで、だいぶ症状が改善されました。

そして清潔にした後はこまめに保湿をしてあげることです。生後2,3か月ごろまでは赤ちゃんの皮脂の分泌量は多く、それ以降は少なくなってくるので乾燥肌になってきます。沐浴後、朝起きた時、外出の前後、着替えをしたときなどベビーローションやベビーワセリンなどで保湿をしてあげてください。

ちなみに、1日の理想的な保湿回数は何回だと思いますか?

なんと、20回だそうです!

まあほぼ1時間ごとに保湿するなんてなかなか現実的ではないですが・・・要はそれくらい、こまめな保湿が大事ということですね。

保湿剤は何を使えばいい?

うちの子は、当初市販のベビーローションとベビーワセリンを使っていました。秋から冬にかけての時期だったので、ローションを塗ってその上からワセリンの重ね塗りを1日数回していました。たっぷり使ってあげていたので、ローションもワセリンも毎月定期購入していました。それでも、首には赤いぽつぽつができやすく、脚はよくカサカサしていました。そこで健診の際に保湿について相談したところ、保湿剤は市販ではなく小児科で処方されたものを使ったほうがいいと言われました。

その先生曰く、市販のものは化粧品寄りなので純粋な成分のみ含まれている処方薬のほうがいい、何か副作用や肌に合わなかった場合の対処や原因が市販薬だとわからない、というのが理由だそうです。

特にうちの子は、私がアトピー性皮膚炎の体質なので遺伝する可能性があり、余計に市販薬でないほうがいいそうです。今まで4か月間毎日市販の保湿剤を塗りたくっていたので、別に市販のものでも問題はないとは思うのですが、私は上記の理由より肌には人一倍気を付けてあげたいという気持ちが強かったので、早速翌日小児科に行って保湿剤を処方してもらいました。

ちなみにそのとき処方されたものはこちらです。

保湿剤の成分表

ヒルドイドとプロペトという成分を5:5で混ぜたものになります。ステロイドは入っていません。

※ステロイド入りのものは使用回数や使用量が決まっているので、必ず医師の指示に従って使いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。赤ちゃんの肌トラブルはよくあることですが、ママやパパは大丈夫なの?と心配になってしまうことも多いと思います。そんなときは悩む前に、早めにかかりつけの小児科に行って診てもらってください。そして家でできるホームケアをしっかりしてあげて、赤ちゃんの肌をキレイに快適にしてあげたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)